バイクを雨ざらしすると危険!保管方法と対処法をチェックしよう!

ライダーのアイコン画像ライダー

バイクって雨ざらしにしても大丈夫なん?バイクカバーって必要なんかなあ?

まっちーのアイコン画像まっちー

バイクを雨ざらしにすると危険ですよ!いろいろなトラブルに巻き込まれる可能性がありますから!

このように、バイクの保管方法について疑問点を持っている人は多いのではないでしょうか。

正直、僕もどうしても面倒で「一日だけなら...」と思って雨ざらしにしてしまうこともあります。

しかし、バイクを雨ざらしにすることはとっても危険。様々なトラブルの原因になってしまいます!

この記事では、バイクを雨ざらしにして起こるトラブルや危険性、その超簡単な対象法についてご説明します。

この記事を読んでわかること
  • バイクを雨ざらしにして保管することで生じるトラブル
  • 超簡単な対処法はバイクカバーを使うこと
  • 雨が降った後にもバイクカバーをつけておくのは錆の原因に!
目次

バイクを雨ざらしにして保管すると様々なトラブルにつながる!

結論!

バイクを雨ざらしにして保管すると、トラブルに巻き込まれる可能性があります!

考えられるトラブルはこんな感じ。

  • 金属部分がさびてしまう
  • 紫外線によりゴムやシリコン部分が劣化する

雨ざらしなので、雨そのものの影響や、太陽光による紫外線の影響が生じるってワケですね。

具体的にひとつひとつ見ていきましょう!

雨ざらしのバイクは錆びたり劣化が早まる可能性が大!

まず初めに、バイクを雨ざらしにすることで錆びたり劣化が早まる可能性があることを念頭に置いておきましょう。

バイクは雨の中走行することも想定されているので、基本的に雨に濡れてすぐ錆びるというわけではありません。

しかし、恒常的に雨ざらしで保管していると想定以上の雨にさらされ、金属部が錆びたり劣化してしまいます。

https://twitter.com/obeyfuma/status/1107528387059343360

本来雨ざらしで保管していなければ錆びなかった可能性が高い部品でも、このように錆びてしまう可能性があります。

しかも、雨に濡れるとジョイント部分のオイルが流れて給油が必要な場合も...。

例えば、ブレーキレバーやクラッチ、スタンドなど様々な部分に556オイルなどでこまめにメンテナンスしてやる必要が出てくるのです。

まっちーのアイコン画像まっちー

もちろん、定期的なオイル差しは必要。でも、雨が降るごとにオイルを差すの、結構面倒ですよね...。

ライダーのアイコン画像ライダー

うーん、確かに。まあでもバイク乗りならみんなメンテナンス大好きやろ!これぐらいは大丈夫やわ(謎の自信)!

まっちーのアイコン画像まっちー

メンテナンスで済むなら全然OKかもですが、劣化してメンテナンスで済まなくなると厄介ですよ...。その具体例を少し下で説明しますね。

雨ざらし&紫外線が長時間当たるとゴムやシリコン部分が劣化する!

もうひとつの問題は、雨ざらしまたは日光に当たることで紫外線の影響を受け、ゴムやシリコン部分が劣化してしまう可能性があることです。

日に当たった輪ゴムは次第にボロボロになって、引き延ばしたらパチンッと切れてしまうこと、ありますよね。

これは、輪ゴムが紫外線などの外的要因で劣化しているからです。

バイクのパーツについても劣化速度は違えど、同じ現象が発生します。

古いバイクはシートにひびが入っていたりすることがありますが、雨滴の衝撃による影響や、太陽光による劣化が原因の場合も多いです。

そのため、雨ざらしにしているとバイクの劣化が進んでしまうんです。

ライダーのアイコン画像ライダー

むむっ。。。

雨ざらしのバイクで錆びたり劣化しやすいパーツ

雨ざらしにされたバイクは、錆びたり劣化したりします。

その中でも、特に雨ざらしによって劣化しやすい部分は以下の通りです。

  • スイッチなどの電子機器関連
  • フロントフォーク
  • タンク内部
  • チェーン

スイッチなどの隙間に雨水が入ると、ウインカーやハイビーム等の切り替えに不具合が出ることがあります。

まっちーのアイコン画像まっちー

また、フロントフォークやタンク内部、チェーンなども錆びてしまう可能性があります!

チェーンはまだしも、フロントフォークやタンク内部に錆が発生したら、最終的に交換するしかありません。

http://syouyu-mochi.cocolog-nifty.com/blog/2012/09/post-2eb6.htmlより引用
ライダーのアイコン画像ライダー

おお、こんな風に錆びてまうんか...。

まっちーのアイコン画像まっちー

そのため、バイクを雨ざらしにすることは絶対にNGなんです!

雨ざらしのバイクは劣化するので、中古車査定額も低くなる場合がある

上でご紹介した錆びやすいパーツについては、中古車バイクを購入する際にチェックすべき点のひとつです。

つまり、中古バイクを購入するときには

  • フロントフォークに錆がないか
  • タンク内部に錆がないか

の2点は多くの人がチェックするポイントです。

もちろん、これら2つが錆びていれば、購入する人が少なく中古バイクの販売額が低くなります。

もしあなたが将来バイクを手放すとき、廃車ではなく中古バイクとして買い取りしてもらおうと考えている場合は、中古バイク査定額を上げるためにもバイクを雨ざらしにするのはやめておきましょう!!

まっちーのアイコン画像まっちー

将来バイクを高く販売したいなら、今日からでも遅くないので、雨ざらしでのバイク保管はやめておきましょう!

ライダーのアイコン画像ライダー

うーん、なるほど。後で売ることを考えると、錆がないほうが当然高く売れるのは納得やわ。

バイクを雨ざらしにしないために一番手軽で適切な保管方法は、バイクカバーを付けること!

バイクを雨ざらしにしないための方法はさまざまあります。

  • 屋根付きの駐輪場に保管する
  • ガレージを借りる・購入する
  • バイクカバーを付ける

一番確実な方法は、ガレージを借りたり購入して、その中にバイクを保管するという方法です。

しかし、自宅からガレージが遠ければ、バイクに乗るときに移動する時間がかかってしまいます。

まっちーのアイコン画像まっちー

しかもガレージはお金がかかる...。

屋根付きの駐輪場に停めたとしても、結局紫外線はカットすることはできません。

まっちーのアイコン画像まっちー

そのため、一番手軽で安定な方法は「バイクカバーを使用すること」ということになります。

具体的には、こんな簡易的なバイクカバーや、

こんながっちりした簡易倉庫のようなバイクカバーもあります。

バイクカバーを付ければバイクが雨ざらしにならないだけでなく、防犯にもなる

バイクカバーを付ければ、当然バイクは雨ざらしになることなく、紫外線からも守られます。

そのうえ、バイク乗りにうれしいことは、防犯にもつながることです。

その理由は主に2つ。

  • 盗難に時間がかかるので、犯人があきらめやすい
  • 音が鳴るので、犯人があきらめやすい

一つの理由は、バイクカバーがあると盗難に時間がかかるから。

バイクを盗もうとする人は、なるべく短時間で、人の目につかないように犯行を行います。

バイクカバーを付けているとバイクの盗難までに時間がかかります。

盗難に時間がかかるバイクを盗むには時間がかかるので、盗難されにくくなります。

2つ目の理由は、バイクカバーがあることで音が鳴るということです。

次のグラフをご覧ください。

このグラフは、空き巣などの犯人の「犯行をあきらめた理由」に関するグラフです。

東洋テック株式会社https://www.toyo-tec.co.jp/navi/shinan/intro.htmlより引用

このグラフから、物音が鳴る場合には、犯行があきらめられていることがわかります。

バイクカバーを触るとある程度音が鳴るので、この点でもバイク盗難への防犯になり得るというわけです。

あわせて読みたい
バイク盗難に役立つ盗難保険は加入するべき?いらない?
バイク盗難に役立つ盗難保険は加入するべき?いらない?大学生のバイク乗りの皆さんは、バイクの盗難保険に加入していますか??実は、大学生に限らずバイクの盗難保険に入っている人は少ないのです。しかし、バイク盗難は年...

雨にさらされていないバイクはきれい!水垢や泥はねによる汚れが少ない

バイクカバーをつけたバイクは、当然ですが雨水がつかないので、水垢が付きません。

そして、雨の日に駐輪場でありがちなのは、地面からの水の跳ね返りでバイクの足回りが汚れてしまうことです。

そんな時、バイクカバーを付けていれば、足回りが汚れることもありません。

雨ざらしでバイクを保管していると常に汚れるリスクがあります。

だから、洗車する頻度がどうしても多くなって、面倒になってしまいがちです。

まっちーのアイコン画像まっちー

汚れ防止のためにもバイクカバーを付けることはおすすめです!

駐輪場で密接して駐輪されないので、トラブルが少なくなる

アパートやマンションなどの駐輪場にバイクを置く場合には、バイクカバーの威力はさらに発揮されます。

それは、

駐輪場でほかの自転車と距離をとることができる

という点です。

僕の経験をお話ししますね。

バイクカバーを付けずにアパートの駐輪場にバイクを止めていた時の話。

僕のバイクのすぐ隣に置かれていた自転車が風にあおられたのか、僕のバイクにもたれかかっていました。

しかも、そのせいでタンクに数センチの線状のキズがついてしまいました...。

もちろん、駐輪場は住人みんなの設備なので、譲り合うことは必要不可欠です。

しかし、バイク乗りにとっては、キズ一つであっても超敏感になってしまいますよね。

まっちーのアイコン画像まっちー

今思えば、バイクカバーを付けていればこんなこと起きていなかったんじゃないかなと思います。

なぜなら、バイクカバーを付けているとバイクが一枚の布で保護されるのはもちろん、バイクカバーをかけると視覚的に膨らんで大きく見えるため、すぐ近くに自転車を止められにくい傾向にあるからです。

ほかの自転車やバイクとの距離をとることができるので、万が一隣の自転車が風であおられたとしても、バイクカバーが守ってくれるというわけです。

雨が降りやんだら一度バイクカバーを外して換気して錆防止!

ライダーのアイコン画像ライダー

よっしゃ、じゃあとりあえず、バイクには常にバイクカバー付けといたらええんやな。

まっちーのアイコン画像まっちー

実は雨上がりのバイクカバーの取り扱いには注意が必要なんです!

バイクカバーは雨を通さないのは当然ですが、逆に言うと湿気や蒸気も通しません。

雨でぬれた地面は、太陽光によって蒸発しますが、バイクカバーを付けているとバイクカバー内部に蒸気がたまり、湿度が高くなります。

つまり、バイクカバーが本来とは逆の作用を及ぼしてしまう可能性があるのです。

だから、雨上がりには一度バイクカバーを外して換気してあげると安心です。

蒸気を完全に逃がして、乾いてからバイクカバーをかければ、錆の心配はほとんど解消されます。

もちろん、多少バイクカバー内が蒸れてもすぐに錆びるというわけではありません。
可能な範囲で換気してあげましょう!

台風や強風時にはバイクカバーを外しておかないと、バイクが倒れるかも

日本の夏は必ず台風がやってきます。

風が強い場合にはバイクカバーを外しておくことを強くおすすめします。

なぜなら、バイクカバーが風を受けて抵抗となり、バイクが倒れてしまう可能性があるからです。

バイクカバーを付けていなければ、足回りやエンジン回りから風が通過するので、風の力を受けにくくなります。

結果として、バイクが倒れにくくなるわけです。

もちろん、バイクカバーで得られるメリットとデメリットはトレードオフです。

  • 強風時にバイクカバーを付けていれば、汚れはつかないけどバイクが倒れる可能性がある。
  • バイクカバーを付けていなければ、汚れはつくけどバイクが倒れる可能性がある。

このどちらを取るかということになります。

ライダーのアイコン画像ライダー

うーん、さすがにバイクにキズついたら取り返しつかんからなあ...。台風の時はバイクカバー外さなあかんな。

まっちーのアイコン画像まっちー

バイクが倒れると、簡単にタンクがへこんじゃいますからね。

バイクの雨ざらしは禁物!バイクカバーで保護しよう!

ここまでご覧いただきありがとうございます。

バイクの雨ざらしは禁物という点、納得いただけたでしょうか。

バイクを雨ざらしにすることで、

  • 金属部分の錆
  • ゴムやシリコン部分の劣化

のトラブルのリスクが大きくなります。

最も簡単で適切な雨ざらしを防ぐ方法は、バイクにバイクカバーを取り付けることです。

バイクカバーはバイクを雨ざらしにしないだけではなく、防犯にもつながります。

また、同じアパートやマンションの住人とのトラブル防止にもつながります。

そして意外と重要なのが、雨上がりの換気。

錆びを防ぐためにも、一度バイクカバーを取り外してバイクを乾かしてあげましょう!

まっちーのアイコン画像まっちー

バイクを雨ざらしにしないために、バイクカバーを利用しましょう!

それではまた、次の記事でお会いしましょう!

目次
閉じる