大学生のバイク保険|任意保険の補償内容の選び方

バイクに乗るためには、法的に加入義務がある自賠責保険に加えて、任意保険に加入しておかなければなりません。

しかし、バイクの任意保険は補償内容が複雑で、大学生はどのように考えて補償内容を選べばいいのかよくわからないことがあります。自分の場合もそうでした。

そこでこの記事では、大学生が加入するバイクの任意保険の中で、どのようにして補償内容を選べばよいのか、私の経験談も交えながら解説したいと思います。

目次

大学生のバイクの任意保険 主な補償内容

大学生のバイクの任意保険 主な補償内容

バイク保険にはさまざまな補償内容がありますが、そのうち主なものは以下の4つです。

  1. 対人賠償保険
  2. 対物賠償保険
  3. 搭乗者傷害保険
  4. 人身傷害保険

と言われても、内容についてはいまいちピンとこないと思うので、以下でわかりやすく解説します。

バイクの任意保険 補償内容その1:対人賠償保険

対人賠償保険は、バイク事故によって相手にけがをさせたり、あるいは相手が死亡した場合のための補償です。

  • 急に飛び出してきた子どもとバイクが接触してしまった。
  • 交差点で左折する時に、自転車に気づかずに巻き込んでしまった。

このような場合、相手のけがの度合いによって治療費を補償する必要がありますが、これを対人賠償保険でカバーすることが可能です。

過去の例として、相手に後遺障害が残った場合3億円以上、相手が死亡した場合は5億円以上の高額賠償事例があります。

バイクの任意保険 補償内容その2:対物賠償保険

対物賠償保険は、バイク事故によって物を壊してしまった時のための補償です。いわゆる「物損事故」のための補償です。

  • お店にバイクが突っ込んでしまった。
  • 停車していた車に気づかず、後からバイクで突っ込んでしまった。

例えばお店にバイクが突っ込んでしまったら、店の修理や営業補償をしなければならなりません。

また、停車していた車に気づかず後ろからバイクで衝突した場合にも、やはり車の補償をしなければなりません。

過去の例として、店舗に損害を与えて2億円以上、車に衝突して1億円以上の損害賠償が生じたケースがあります。

バイクの任意保険 補償内容その3:搭乗者傷害保険

搭乗者傷害保険とは、バイク事故でバイクに乗っていた人がけがをした時のための補償です。

  • 自転車と衝突し、こけてしまって自分がけがをした。
  • 信号待ちの時、後ろから車に追突されてけがをした。

こんなときに、搭乗者傷害保険で治療費をカバーすることができます。

対人賠償・対物賠償は相手への補償でしたが、搭乗者傷害保険は自分への補償です。

搭乗者傷害保険は、事故の過失割合によって補償額が変わります。

例えばバイク側に過失がない事故であれば十分に保障されますが、過失がゼロの事故はそうそう起きません。

車:バイク=5:5の過失割合であれば、その過失割合に応じて補償額が左右されます。

一方、過失割合に関係なく治療費をカバーできる保険もあります。それが、人身傷害保険です。

バイクの任意保険 補償内容その4:人身傷害保険

人身傷害保険は、過失責任に関係なく、バイクに乗っていてけがをした際に補償されます。

  • バイク側に過失が大きい事故を起こして、自身もけがをしてしまった。

こんなときには、人身傷害保険があると十分にカバーできると言えます。

なぜなら、この場合バイク側に過失が大きいので、搭乗者傷害保険だけでは治療費をカバーしきれない可能性があるからです。

大学生のバイク保険はどの補償内容を充実させるべきか

ここまで主な補償として4つ出てきました。

補償内容を充実させればその分、保険料は高くなってしまいます。

大学生にとっては、保険料を少しでも抑えたいというのが本心ですよね。

そのため、できる限り保険料を押さえつつ、かつできる限り手厚い補償を選択したいところです。

これを踏まえて、どのように補償内容を選択すればよいのか、考えていきましょう。

対人賠償・対物賠償保険は、大学生かどうかに関係なく「無制限」を選択

まず、対人賠償保険と対物賠償保険については、補償額を無制限にしましょう。

というのも、対人賠償や対物賠償は上述のように、数億円という単位の補償になることが少なくありません。

また、対人賠償と対物賠償の両方を補償しなければならない場合、十数億円の賠償になることも考えられます。

そのため、対人賠償保険・対物賠償保険はの限度額は無制限としましょう。

搭乗者傷害・人身傷害保険はどちらか一方でも良い

搭乗者傷害保険と人身傷害保険は、可能であれば両方つけるべきでしょう。

しかし、補償を手厚くすると、保険料が高くなってしまいます。

特に人身傷害保険を付けると、3, 4万円程度保険料が高くなってしまうこともあります。

自分のための保険ということを踏まえると、搭乗者傷害保険と人身傷害保険はどちらか一方を選択するのも良いでしょう。

私の場合は、搭乗者傷害保険を付けずに人身傷害保険 (上限2,000万円) を選択しました。

人身傷害保険なら、事故の過失割合に関係なく、実費で保険金を得ることができますからね。

しかし、人身傷害保険を選択するとやはり保険料は高くなってしまいます。

そのため、自分の経済状況と合わせて考えて、自分への保険を選択しましょう。

まっちー
まっちー

搭乗者傷害保険か人身傷害保険か、あるいは両方を選択するか、めちゃめちゃ悩むところです。

私は満額の保険料を受け取れるということから、人身傷害保険に加入しています。

年間の保険料は約7万円程です。

お金のない大学生ほどバイク保険には手厚い補償が必要

ここまで読んできて、やはり多くの大学生は少しでも保険料を安くしたいと考えているのではないでしょうか。

私もその気持ち、とても分かります。

ここで、ちょっと次の質問について考えてみて下さい。

なぜバイクに乗る人は任意保険に加入しなければならいのでしょうか?

皆さん様々な考え方をお持ちだと思います。

この質問に対する私の答えは、

まっちー
まっちー

大学生にはお金が無いから!!

この一言に尽きます。

バイクに乗るのはとても楽しいですが、一歩間違えれば自分や他人の人生を大きく狂わせてしまうことになります。

バイクに乗るということはそれだけ社会に対して責任を負うということです。

他人の人生を狂わせてしまった場合、最終的に解決するためにはお金が必要です。

お金を払っても亡くなった人は戻ってきませんが、結局のところ解決するためにはお金が必要なのです。

自分が加害者となって人を傷付けた場合、責任を負うということは「莫大な金額のお金を被害者に支払うこと」です。

だから、バイクに乗る人は任意保険に加入しなければならないのです。

お金を持っていない大学生ほど、手厚い保険をかけるべきだということをぜひ認識してください。

まとめ|対人・対物賠償は無制限、搭乗者・人身傷害はお好みで

では、これまでの話をまとめておきましょう。

  • 対人賠償保険は無制限
  • 対物賠償保険は無制限
  • 搭乗者傷害保険と人身傷害保険は自分で判断

搭乗者傷害保険を選択するか人身傷害保険を選択するか、本当に悩みどころだと思います。

保険料を安く抑えるのも魅力的ですが、万が一の際のことを考えると、やはり手厚い補償は必要不可欠です。

これを踏まえて、自分にとって適切な補償はどの組み合わせか、考えていきましょう!

まっちー
まっちー

もちろん、保険を使うことが無いように安全運転することは大前提です!

目次
閉じる