大学生のバイク購入の初期費用は、もろもろで50万円程度でした。

 のアイコン画像 

バイクに乗ってみたい!でも初期費用ってどれくらいかかるの?維持費はどのくらい?必要な費用についての情報が欲しい!

まっちーのアイコン画像まっちー

わかります、「どのくらいお金がかかるのか」というこは事前に知っておきたいですよね。

この記事を読んでいる人の多くは、バイクに乗って走りたいと考えている人ではないですか?

でも、バイクに乗るにはお金がかかりそうなイメージがありますよね。

しかも、保険代やメンテナンス代など、様々なお金がかかってきます。

そのため、「どのくらい初期費用がかかるのか」という情報を知っておくことはとても重要です。

この記事では「バイクの初期費用の一例について知りたい」という疑問を解決していきます!

この記事を読んでわかること
  • バイクの初期費用の内訳と実例
  • バイクだけではなく、保険料や装備類についての費用も解説
あわせて読みたい
大学生はバイクで大学生活を楽しもう!バイク選びの要点は3点だけ!
大学生はバイクで大学生活を楽しもう!バイク選びの要点は3点だけ!昔からバイクに対して憧れを持っているけど、大学生になった今、具体的にどうやってバイクを選べばいいのかよくわからない。こんな悩みを持っている方はいませんか?そ...

維持費の観点から、大学生は250 ccのバイクに乗っていることが多いです。

バイクの取り回しという観点から見ても、人生初のバイクはできる限り排気量の小さいバイクの方が扱いやすいです。

そのため、この記事では250 ccのバイクについての初期費用を中心に解説します。

まっちーのアイコン画像まっちー

250 ccよりも排気量が大きいバイクについては、この記事の最後で示す額より少し高くなることを念頭に置いてこの先を読み進めてください!

あわせて読みたい
キャンプツーリング初心者に必要な持ち物17選|必要最低限でOK!
キャンプツーリング初心者に必要な持ち物17選|必要最低限でOK!バイクを所有していれば、様々なアクティビティと組み合わせて楽しむことができますよね。例えば、旅行・釣り・キャンプなど...。バイクとアウトドアの相性は完璧です。...
目次

大学生がバイクに乗るために必要な費用は?

大学生がバイクに乗るために必要な費用は?

さて、では早速大学生がバイクに乗るために必要な費用を詳細にまとめます。

私がバイクに乗るためにかかった費用はコチラ。

項目金額
1. 免許取得12万円
2. バイク本体35万円
3. 任意保険年間5万円
4. ヘルメット・ジャケットなどの小物類6万円
合計58万円

このように、バイクに乗るためには1~4の費用が必要になってきます。

それでは、項目ごとに詳しく見ていきましょう!

バイクに乗るためには免許が必要!免許取得費用は?

バイクに乗るためには免許が必要!免許取得費用は?

まず、バイクに乗るための第一段階として、免許を取得する必要があります。

そもそもバイクの免許には原付免許、小型二輪免許、普通二輪免許、大型二輪免許等があります。

ここでは、250 ccのバイクに乗るために必要な免許である普通二輪免許に絞って話を勧めます。

あわせて読みたい
大学生のバイク免許はMTとATのどちらを取得するべき?
大学生のバイク免許はMTとATのどちらを取得するべき?大学生の中にはバイクに乗ってみたいという方も多いのではないでしょうか。バイクに乗るための第一歩は、「免許を取得すること」です。免許がないと何も始まらないです...

大学生の中にはすでに車の免許を取得したという方は多いのではないでしょうか?

まっちーのアイコン画像まっちー

実は、所持免許の種類によって、バイクの免許の取得費用が異なるのです。

実際に、私の通っていた教習所の取得費用がこちらです。

所持免許教習料金
普通免許税込み 13万円
なし・原付税込み 20万円

この表より、最大で7万円程度の違いが出てくることがわかりますね。

この理由は、普通免許を取得していれば学科教習がほとんど無いからです。

学科教習をしなくて済む分、安くなっているということですね。

まっちーのアイコン画像まっちー

大学の近くの教習所なら、学生の特権である学割制度がある場合があります。

私は学割で1万円引きしてもらいましたので、免許取得にかかった費用は12万円程です。

あわせて読みたい
通いで免許を取得したい大学生必見!地元で免許取得した経験談!
通いで免許を取得したい大学生必見!地元で免許取得した経験談!大学生の皆さんは、もう免許を取得済みですか?「まだ免許を取ってない...!」「免許なんて必要ナイ!」って思っている方は、大学生が免許を取るメリットをこの記事にま...

大学生のバイク購入時の費用|中古バイクの価格

大学生のバイク購入時の費用|中古バイクの価格

免許の次に出費となるもの、それはバイク本体の購入時です。

これが最も大きい出費となります。

大学生は中古バイクを購入することが多い

大学生がバイクを購入する場合には、中古車を購入することが多いと思います。

250 ccの中古バイクは、数が多く出回っており、比較的安いものもあります。

中古バイクの価格は、次のポイントで決まります。

  • 年式
  • 走行距離
  • キズ・へこみなどのバイクの外観

長時間・長距離使われてきたバイクの価格は安く、年式が新しく走行距離が短いバイク程価格は高くなります。

価格が高いバイクは手が伸びにくいですが、トラブルが起きにくいと言えます。

一方、価格が安いバイクは、古くて使い古されている分、トラブルが起きる可能性が比較的高い傾向にあります。

まっちーのアイコン画像まっちー

ちなみに僕のバイクは2011年式、購入時の走行距離は17,000 kmでした。

購入時には、様々な税金や手数料がかかることが多いです。

バイクの価格には「本体価格」と「乗り出し価格」が書かれています。

乗り出し価格は、本体価格に税金や自賠責保険、手数料が加えられた価格です。

自賠責保険とは、バイクに乗るうえで必ず入らなければならない保険のこと!

つまり、

乗り出し価格=本体価格+税金+自賠責保険+手数料

ということになります。

そのため、実際にバイクを購入するときは、乗り出し価格を見て価格を判断しましょう。

まっちーのアイコン画像まっちー

ちなみに、僕のバイクの乗り出し価格は35万円でした。

以上をまとめると、私が購入したバイクは、

  • 年式:2011年式
  • 走行距離:17,000 km
  • 乗り出し価格:35万円

でした。

大学生がバイクにかける任意保険の費用

大学生がバイクにかける任意保険の費用

次にバイクに乗るうえで必要な費用は、任意保険の費用です。

大学生がバイクに乗る際、任意保険は必要?

バイクに乗っている人の中には、「任意保険なんていらない!」と言う人もいますが、この考え方は間違っています。

ここで明確に否定しておきましょう。

絶対に任意保険に入っておかなければなりません!

あわせて読みたい
大学生がバイクに乗るのは危険?事故を防ぐ5つの方法
大学生がバイクに乗るのは危険?事故を防ぐ5つの方法大学生の中には、バイクに乗りたいけど友達や家族に危険だからと反対されているという人がいるのではないでしょうか。確かに、バイクは危険な乗り物かもしれません。し...

入っておいた方がいいというレベルではありません。

絶対に入っておかなければなりません。

万が一事故を起こしてしまった場合はもちろん、事故に巻き込まれた場合にも、任意保険は必須です。

事故でけがを負ったり、相手にけがを負わした場合、数千万円の賠償を求められる可能性があります。

万が一時のためにも、保険加入は必須です。

あわせて読みたい
大学生のバイク保険|任意保険の補償内容の選び方
大学生のバイク保険|任意保険の補償内容の選び方バイクに乗るためには、法的に加入義務がある自賠責保険に加えて、任意保険に加入しておかなければなりません。しかし、バイクの任意保険は補償内容が複雑で、大学生は...

私のバイクの任意保険料は、年間5万円ほど

バイクの任意保険は、どのような条件にするかで大きく変わります。

私の場合、

  • 対人補償:無制限
  • 対物補償:無制限
  • 搭乗者傷害保険:300万円
  • 弁護士費用等補償特約:あり

という内容の保険で、年間5万円です。

細かい項目の内容については、後日まとめようと思います。

まっちーのアイコン画像まっちー

ちなみに、ネットで契約するだけで数千円から1万円程度の割引があることが多いです。

あわせて読みたい
バイク盗難に役立つ盗難保険は加入するべき?いらない?
バイク盗難に役立つ盗難保険は加入するべき?いらない?大学生のバイク乗りの皆さんは、バイクの盗難保険に加入していますか??実は、大学生に限らずバイクの盗難保険に入っている人は少ないのです。しかし、バイク盗難は年...

大学生がバイクに乗るときの服装|ジャケット・ヘルメット

大学生がバイクに乗るときの服装|ジャケット・ヘルメット

さて、バイクに乗るときにはヘルメットをつけなければなりません。

これは法律で決められているため、必ずつけなければなりません。

ヘルメットにはフルフェイスやジェットヘルメットなどの種類があります。

どちらにせよ、価格は3~5万円程度と様々です。

ヘルメット以外にも、手袋やジャケットなども必要!

バイクに乗っていて、信号待ちの時にバランスを崩して倒れてしまうことがあります。

これを立ちゴケと言います。

立ちゴケした時には、反射的に手を地面につけてしまいがちです。

立ちゴケ以外にも、万が一の際にはまず反射的に手が出てしまいます。

そのため、手の安全のためにグローブが必ず必要です。

グローブもピンキリですが、3,000円から10,000円といったところでしょう。

長距離走って旅行に行く際などは、上半身や下半身を保護するプロテクターがあるとさらに安心です。

まっちーのアイコン画像まっちー

とはいえまずは、ヘルメットとグローブが必要です!

大学生がバイクに乗るために必要な初期費用はいくら?

大学生がバイクに乗るために必要な初期費用はいくら?

さて、以上をまとめると、

項目金額
1. 免許取得12万円
2. バイク本体35万円
3. 任意保険年間5万円
4. ヘルメット・ジャケットなどの小物類6万円
合計58万円

ということになります。

今見返すと、結構な金額がかかっていますね。

でも50万円程度であれば、バイトやせつやくによって捻出することは十分可能です。

実際、私や友人がそうですからね。

まっちーのアイコン画像まっちー

私がバイクを購入していなければ、こんなに楽しい大学生活は無かったでしょうね。

まとめ|大学生の私がバイクにかけた費用は約58万円

まとめ|大学生の私がバイクにかけた費用は約56万円

大学生の私が250 ccのバイクに乗るためにかかった初期費用は約58万円でした。

その内訳は、

  • 免許取得費用:12万円
  • バイク購入価格:35万円
  • 任意保険:年間5万円
  • ヘルメット・グローブ等:6万円

でした。

58万円というと、手が伸びなさそうな感じがするかもしれません。

しかし、私も周りのバイク仲間も、バイトをすることで賄っています。

そのため、大学生でもバイクに乗ることは可能です!

まっちーのアイコン画像まっちー

これから250 ccのバイクに乗ることを検討している人は、ぜひ参考にしてみてくださいね!

この記事を読んで、初期費用の大体のイメージはつかめましたか?

バイクに興味が出たら、早速バイク屋さんに出かけましょう!

あわせて読みたい
バイクでツーリング中に使う地図は、スマホより紙媒体が圧倒的におススメな話
バイクでツーリング中に使う地図は、スマホより紙媒体が圧倒的におススメな話このように、バイクのツーリングに使う地図はスマホアプリがいいのか、紙がいいのか悩んでいる人は多いのではないでしょうか。私もかつて、同じような悩みを持っていま...
目次
閉じる